授業の展開

斎藤喜博 著

[目次]

  • 授業展開の科学性と人間性
  • 展開を保障する条件
  • 展開の技術
  • 展開の組織

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 授業の展開 もくじ
  • 授業展開の科学性と人間性 / p7
  • I 人間が授業展開の主体だ / p8
  • II 教育科学と人間の問題 / p20
  • III 科学的に教えるということ / p29
  • IV 授業のなかでの差別の問題 / p36
  • V 展開は絶えず修正されていくものだ / p45
  • VI どこにも通じるという展開の方法はない / p59
  • 展開を保障する条件 / p65
  • I 授業展開の意味するもの / p66
  • II 単純化と方向性 / p75
  • III 展開を成功させる法則 / p88
  • 一 解釈するすじみち / p89
  • 二 構造化する力 / p99
  • 三 分析する力 / p105
  • 四 授業庭開のなかでの新しい発見 / p111
  • IV 教材解釈と展開の関係 / p120
  • 一 教材解釈の深み / p120
  • 二 説明と思考の区分け / p127
  • 三 予想外の解釈にぶつかったとき / p129
  • 四 展開の軸をもつこと / p138
  • 五 展開を方向づける核 / p143
  • 展開の技術 / p151
  • I 発問・問い返し・説明 / p152
  • 一 最初の発問 / p153
  • 二 無意味な、教師と子どもの問答 / p155
  • 三 明確な発問 / p160
  • 四 子どもによりかかっている発問 / p163
  • 五 学級の全員にひびいていくような発問 / p168
  • II 授業の振幅を大きくする方法 / p171
  • 一 具体的な問題の投げかけ / p171
  • 二 根本は教師の教材解釈の力 / p175
  • 三 わざとする子どもの解釈への反対 / p178
  • III 子どもの思考や発言のとり上げ方 / p181
  • 一 みごとな技術 / p181
  • 二 教材から発言・思考を展開する / p183
  • 三 教師の表現力・洞察力の影響 / p187
  • IV 板書・朗読・ノートなど / p189
  • 一 板書 / p189
  • 二 朗読 / p193
  • 三 ノートなど / p202
  • 四 教具 / p207
  • 五 表現 / p209
  • V 島小学校での方法 / p211
  • 一 他の学級の授業をみる / p211
  • 二 低学年の教材で授業をする / p212
  • 三 学級王国をつくらない / p214
  • 展開の組織 / p223
  • I 授業案のたて方 / p224
  • 一 授業案について / p224
  • 二 授業案の形式 / p227
  • 三 島小授業案形式の解説 / p230
  • 四 展開の変更 / p238
  • II 授業の形態 / p241
  • 一 はじめに / p241
  • 二 個人学習 / p245
  • 三 組織学習 / p246
  • 四 一斉学習 / p258
  • 五 整理学習 / p266
  • III 展開の点検 / p267
  • 一 火鉢のはたでの点検 / p268
  • 二 授業研究会での点検 / p270
  • 三 専門家を入れての点検 / p272
  • 四 学校全体を展開と考えた場合の点検 / p273
  • あとがき / p281

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 授業の展開
著作者等 斎藤 喜博
書名ヨミ ジュギョウ ノ テンカイ
出版元 国土社
刊行年月 1964
ページ数 285p
大きさ 19cm
ISBN 4337659498
NCID BA7993639X
BN0263625X
BN07984796
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64001617
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想