ガリレオは海王星をみていた

サイエンス編集部 編

トロント大学の科学史・名誉教授ドレイクらによる、ガリレオの実り豊かな研究活動についての4つの論文に、ハーバード大学天文学・科学史教授ギンガリッチの論文「ガリレオ事件」を加えて、"近代自然科学の祖"といわれる偉大な先駆者ガリレオ・ガリレイの生涯とその業績を跡づける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ガリレオは海王星をみていた(S.ドレイク
  • C.T.コワル)
  • 2 ガリレオの計算器(S.ドレイク)
  • 3 ガリレオの自由落下法則の発見(S.ドレイク)
  • 4 ガリレオの放物軌道の発見(S.ドレイク
  • J.マックラクラン)
  • 5 ガリレオ事件(O.ギンガリッチ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガリレオは海王星をみていた
著作者等 サイエンス編集部
書名ヨミ ガリレオ ワ カイオウセイ オ ミテイタ
シリーズ名 Light science books 5
出版元 日経サイエンス社
刊行年月 1988.6
ページ数 81p
大きさ 26cm
ISBN 4532064651
NCID BN02630162
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88045095
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ガリレオの放物軌道の発見 J.マックラクラン, S.ドレイク, 横山雅彦
ガリレオの自由落下法則の発見 S.ドレイク, 渡辺正雄
ガリレオの計算器 S.ドレイク, 横山雅彦
ガリレオは海王星をみていた C.T.コワル, S.ドレイク, 田中済
ガリレオ事件 O.ギンガリッチ, 吉仲正
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想