生活設計論 : 家政学における生活設計と生活主体の形成

日本家政学会 編

[目次]

  • 1 生活設計考
  • 2 現在の家庭生活設計の諸側面
  • 3 生活設計と生活診断
  • 4 高齢化社会への対応
  • 5 生活の社会化と生活福祉
  • 6 生活主体としての女性
  • 7 生活主体の形成をめざす家政学教育・家庭科教育
  • 8 家政学における生活設計主体的生活の形成によせて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生活設計論 : 家政学における生活設計と生活主体の形成
著作者等 伊藤 セツ
宮崎 礼子
日本家政学会
松村 祥子
青木 茂
書名ヨミ セイカツ セッケイロン
シリーズ名 家政学シリーズ 22
出版元 朝倉書店
刊行年月 1990.8
ページ数 225p
大きさ 21cm
ISBN 4254605722
NCID BN02623338
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91011035
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想