日本の大学教育改革 : 歴史・現状・展望

関正夫 著

[目次]

  • 第1章 戦前期日本の高等教育における一般教育と専門教育の史的展開(戦前期高等教育の構造-国際比較の観点から
  • 旧制高等学校の教育
  • 帝国大学の教育)
  • 第2章 新制大学発足期の大学教育論(第1次米国教育使節団とCIE関係者の大学教育論
  • 大学基準協会関係者の大学教育論
  • 工学関係者の大学教育論と東京工業大学の教育改革)
  • 第3章 大学教育改革運動の成立と展開(新制大学出発期における一般教育運動
  • 一般教育論の変容過程と基礎教育の展開-50年代から60年代にかけて
  • 大学粉争期以降の一般教育改革運動
  • 工学教育改革運動の展開)
  • 第4章 大学の教育研究組織の展開(新制大学発足期の学部構成-国立大学の場合
  • 国立大学の学部構成の展開
  • 理工系教育組織の展開-学部・学科構成の変遷
  • 1970年代以降の教育研究組織の改革動向-国立大学を中心に)
  • 第5章 大学教育の自己改革への対応(大学改革の類型と大学自己改革の条件-国際比較の視点から
  • 一般教育改革の事例-広島・香川・千葉・国際基督教大学の場合
  • 工学教育改革の事例-広島大学工学部の改組
  • 医学教育改革の事例-産業医科大学の総合人間学の試み)
  • 終章 大学教育の改革-課題と方法-国際比較の視点から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の大学教育改革 : 歴史・現状・展望
著作者等 関 正夫
書名ヨミ ニホン ノ ダイガク キョウイク カイカク
書名別名 Nihon no daigaku kyoiku kaikaku
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 1988.10
ページ数 246p
大きさ 22cm
ISBN 4472078910
NCID BN02620599
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88060820
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想