嫁と里方

大島建彦 編

[目次]

  • 嫁の里帰り(瀬川清子)
  • ツケトドケとウッチャゲー-富山県下の婚姻習俗(大間知篤三)
  • 嫁の里帰り慣行(長谷川昭彦)
  • 初婿入りの変遷とその意義(天野武)
  • 日本の<嫁入婚>の歴史的位置-日本婚姻史学の通説への疑問(江守五夫)
  • 山梨県下のオヤシマイ・シュウトトムライ(堀内真)
  • 母系の紋章(近藤雅樹)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 嫁と里方
著作者等 大島 建彦
書名ヨミ ヨメ ト サトカタ
シリーズ名 双書フォークロアの視点 4
出版元 岩崎美術社
刊行年月 1988.8
ページ数 264p
大きさ 20cm
NCID BN02617379
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88058548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想