教育学第一歩

中内敏夫 著

本書は、教育と教育研究の現状をふまえながら、できる限りのところで、全体を見渡すことのできる教育問題の見方、考え方の枠組を、「教育学」とよばれている学問の内部につくってみようと試みたものである。めざすところは、教育原論を教育学の論法でわかりやすく説いてみるところにあったといってもよい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 教育原論(なにを教育とよぶのか
  • 教育の計画化
  • 教育過程
  • 教育集団論)
  • 第2部 教育学説史(教育論以前
  • 17世紀ヨーロッパの教授学とジェスイットおよびヤンセン派
  • 近代社会における教育学の誕生と変転
  • 日本の教育論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育学第一歩
著作者等 中内 敏夫
書名ヨミ キョウイクガク ダイイッポ
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.9
ページ数 225, 10p
大きさ 21cm
ISBN 4000004166
NCID BN02615318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89004497
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想