ヤルタ会談

倉田保雄 著

すべては"ヤルタ"に始まった。ポーランド問題、アフガン介入、INF…。'80年代の今日に至っても米ソの関係に微妙な影を落とし続けるヤルタ会談。1945年2月クリミヤ半島ヤルタで行われ、第一回首脳会談とも言うべきこの会談を軸に戦後40年の米ソ関係を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 欧州にただようヤルタの臭気
  • 2 「ヤルタ日記」は語る
  • 3 アンクル・ジョーのポーランド
  • 4 ドゴールの炯眼
  • 5 「ミスター・ヤルタ」ことグロムイコ
  • 6 ヤルタ協定と日本
  • 7 アプレ・ヤルタ
  • 8 ヤルタ・チャンネル
  • 9 ヤルタの将来-脱却か継続か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヤルタ会談
著作者等 倉田 保雄
書名ヨミ ヤルタ カイダン
書名別名 戦後米ソ関係の舞台裏

Yaruta kaidan
シリーズ名 ちくまライブラリー 15
出版元 筑摩書房
刊行年月 1988.7
ページ数 264, 7p
大きさ 19cm
ISBN 4480051155
NCID BN0261215X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88057173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想