行為の哲学

F.カウルバッハ 著 ; 有福孝岳 監訳

<実践>と<実現>の区分に始まり、広範な問題領域を開拓した話題作。超越論哲学に基づく初めての包括的な行為論である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 さまざまなタイプの行為とその哲学的概念-実践としての行為と実現としての行為
  • 第2章 実践と実現の意味での行為とを区別するさまざまな局面-総合の道
  • 第3章 行為の合理性および行為論のいろいろなタイプ
  • 第4章 歴史としての行為-計画と実行との間の通約不可能性
  • 第5章 心情、決断、良心
  • 第6章 言語としての行為と行為としての言語
  • 第7章 理論と行為

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 行為の哲学
著作者等 Kaulbach, Friedrich
有福 孝岳
カウルバッハ F.
書名ヨミ コウイ ノ テツガク
書名別名 Einführung in die Philosophie des Handelns
出版元 勁草書房
刊行年月 1988.9
ページ数 278, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4326152117
NCID BN02610879
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89001567
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想