健康という幻想 : 医学の生物学的変化

ルネ・デュボス 著 ; 田多井吉之介 訳

[目次]

  • 目次
  • 第一章 エデンの園
  • 黄金時代 / p1
  • 自然への復帰 / p5
  • 科学を通じての健康 / p14
  • 適応としての健康 / p20
  • 第二章 生物的・社会的適応
  • 生命の現われる場所 / p25
  • 人間の生物学的適応 / p28
  • 本能的な行動形式を通じての適応 / p34
  • 社会機構を通じての適応 / p37
  • 生態学的システムの不安定性 / p39
  • 人間の適合力の社会的規定因子 / p41
  • 第三章 生物界の苦闘と協力
  • 生存のための苦闘 / p49
  • 人と微生物の世界 / p52
  • 感染たい疾病 / p56
  • 感染に対する抵抗力の適応機序 / p59
  • 共生と寄生 / p68
  • 第四章 環境と病気
  • 気象、ジャガイモの病害、アイルランド人の運命 / p73
  • 特異的病因論 / p78
  • 外部環境の直接間接の作用 / p84
  • 内部環境 / p89
  • 外部環境と内部環境の相互作用 / p92
  • 環境因子としての過去 / p94
  • 第五章 ヒュギエイアとアスクレピオス
  • 健康の神々 / p98
  • ヒッポクラテスの知恵と黄金の柄のついた杖 / p102
  • 哲学者の健康の探究 / p109
  • 医学の魔弾 / p115
  • 薬と病気の征服 / p120
  • オルソビオージス / p125
  • 第六章 社会からみた健康と病気の形
  • 病気の歴史 / p128
  • 飢えと過食 / p134
  • 悪疫と環境衛生の病気 / p139
  • 現代の天啓の騎士 / p148
  • 狂気から退屈まで / p154
  • 医学と社会 / p158
  • 第七章 人口と文明に対する病気の影響
  • 食物・病気・人口の動向 / p164
  • 戦史と政治史に対する病気と栄養の影響 / p169
  • 病気と社会の進化 / p175
  • 文化の力に対する病気の影響 / p177
  • 第八章 ユートピアと人類の最終目標
  • アルカディアとユートピア / p193
  • 生物学的適応から社会的進化まで / p197
  • 社会の変化と生態学的平衡 / p199
  • 健康・幸福・人間の価値 / p204
  • むすび / p208
  • 訳者あとがき / p213

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 健康という幻想 : 医学の生物学的変化
著作者等 Dubos, René Jules
田多井 吉之介
ルネ・デュボス
書名ヨミ ケンコウ ト ユウ ゲンソウ : イガク ノ セイブツガクテキ ヘンカ
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 1964
版表示 新装版
ページ数 215p
大きさ 19cm
ISBN 4314001739
NCID BN02283422
BN0261045X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64001067
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想