フォノンとは何か : 音波と量子の世界

木暮嘉明 著

「石橋を叩いて渡る」という諺があるが、叩いた時の音を聴くことで、石の内部の欠陥を知ることができる。同様に様々な物質中を伝搬する音波を測定することによって物質のミクロな状態や運動を知ることができる。これが音波物性といわれる研究分野である。また音波の振動数が非常に大きくなると、実は熱振動と同じものとなりそこでは量子力学的な性格をもつ粒子とみなされるようになる。これが本書のテーマ"フォノン"(音響量子)である。本書では、フォノンを中心に音波物性の話を、様々な応用と将来展望を交えてやさしく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 音波の性質と測定
  • 2 格子欠陥と音波
  • 3 トンネル原子系の共鳴
  • 4 量子化された音波-フォノン
  • 5 熱伝導とフォノン散乱
  • 6 フォノンの伝搬-音と熱の接点
  • 7 フォノン物理の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フォノンとは何か : 音波と量子の世界
著作者等 大槻 義彦
木暮 嘉明
森本 雅樹
書名ヨミ フォノン トワ ナニカ
書名別名 Fonon towa nanika
シリーズ名 Frontier science series 24
出版元 丸善
刊行年月 1988.9
ページ数 160p
大きさ 19cm
ISBN 4621033093
NCID BN02609552
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89001876
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想