派閥再編成 : 自民党政治の表と裏

井芹浩文 著

本書は派閥の果してきた役割、現在の派閥の構造、党との関係、公然たる派閥主義が政治にもたらす功罪などを明らかにする、政治部第一線記者のレポートである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 公然たる派閥認知
  • 「株式会社」化する派閥
  • 「総合病院」化する派閥
  • 派閥の合従連衡
  • 派閥と党
  • 「田中支配」その生成と没落
  • 派閥主義の時代に
  • 「小政治」時代の危うさ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 派閥再編成 : 自民党政治の表と裏
著作者等 井芹 浩文
書名ヨミ ハバツ サイヘンセイ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1988.9
ページ数 208p
大きさ 18cm
ISBN 4121008928
NCID BN02607069
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89003001
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想