ザルツブルク : 祝祭都市の光と影

池内紀 著

モーツァルトの町。小さなローマ。アルプスの北のフィレンツェ…。幻視したザルツブルクの町からは確実にモーツァルトの予感が響いてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 聖堂と城と宮殿(「ココニ幸アリキ」
  • 《狼》猊下
  • 人工庭園
  • 祝祭都市)
  • 2 ザルツブルク幻視行(「特ニ記スベキ何事モナシ」
  • コロレード大司教
  • ロドローン伯爵
  • 墓地について
  • 肖像画)
  • 3 二人の旅人(カラス
  • レオンハルト大司教
  • 二人の旅人
  • 郊外)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ザルツブルク : 祝祭都市の光と影
著作者等 池内 紀
書名ヨミ ザルツブルク
出版元 音楽之友社
刊行年月 1988.8
ページ数 166p 図版12枚
大きさ 22cm
ISBN 4276211409
NCID BN02606452
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88054966
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想