変動期の国際社会

高橋徹, 西村文夫 編著

本書に収めた論稿は、2篇を除き、いずれも70年代から80年代にかけての経済的・政治的・社会的激動期における変動現象の解明に努めたものばかりである。ここで取り上げられた変動は、その性格も、方向も、規模もきわめて多岐にわたり、けっして一様ではない。にもかかわらず、これらの変動が社会の基底部にまで達するものであり、従来の政治パラダイムでは把握不可能だという想いも強烈である。本巻ではこの便の事情をしっかりと見据えながら、それぞれの社会における変動の実態と意識の確定に自己限定したものだけを集めた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 海外直接投資に成功するための条件
  • 科学技術革命と安全保証
  • アメリカ反トラスト法における独占行為の規制
  • 環境主義研究ノート
  • ソ連における個人営業合法化のイデオロギー的背景
  • 中国における政治体制改革
  • 中国-<経済改革>を社会学する
  • 中ソ離間の可能性とアメリカの政策
  • 戦時下フィリピン共産党〔PKP〕と"対日協力"

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変動期の国際社会
著作者等 上野 明
伊豆見 元
山本 武彦
岡田 外司博
毛里 和子
菱田 雅晴
西村 文夫
鈴木 静夫
高橋 徹
書名ヨミ ヘンドウキ ノ コクサイ シャカイ
書名別名 Hendoki no kokusai shakai
シリーズ名 国際関係学双書 1
出版元 北樹
刊行年月 1988.8
ページ数 318p
大きさ 22cm
ISBN 4893840258
NCID BN02606215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88059479
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想