図説日本の仏教  第2巻

関口 正之【編】

最澄と空海がもたらした純粋密教は日本の仏教の新しい夜明けであった。思想と呪法とがあざやかに織りなす。密教の荘厳空間=宇宙観を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 密教の世界=関口正之
  • 思想 最澄と空海の思想=末木文美士(平安仏教への視角
  • 最澄と空海
  • 最澄の思想
  • 空海の思想
  • 円教から密教へ)
  • 第1章 密教と修法=頼富本宏(密教寺院と法流
  • 修法の種類と構造
  • 曼荼羅と法具)
  • 第2章 密教と空間=藤井恵介(空海と宮中真言院
  • 最澄・円仁と比叡山惣持院
  • 平安貴族と潅頂儀式
  • 大熾盛光法と空間)
  • 第3章 密教の諸尊=有賀祥隆(真言密教の仏たち
  • 天台密教の仏たち
  • 別尊法とその造形
  • 密教図像の諸相)
  • 第4章 祖師信仰の広がり=百橋明穂(真空八祖と空海像の成立
  • 絵伝にみる弘法大師信仰
  • 天台の高僧像)
  • 終章 密教信仰のもたらしたもの=関口正之

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説日本の仏教
著作者等 関口 正之
書名ヨミ ズセツ ニホン ノ ブッキョウ
書名別名 密教
巻冊次 第2巻
出版元 新潮社
刊行年月 1989.5
ページ数 381p
大きさ 29cm
ISBN 4106026023
NCID BN02605482
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89050926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
密教 関口 正之
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想