恐るべき女子高校 : 東京成徳短大付属高校の現実

太田政巳 著

いじめによる生徒の自殺、トイレで出産した2年生が赤ん坊を刺殺した上、路上に投げ捨てるという事件、短大学長など5校長兼任の木内理事長宅での実父監禁とその死、あまりにも衝撃的な出来事の連続に思わず、これが学校か、と叫びたくなる教師の苦悩。13年間勤務した東京成徳大学付属高校の体験を基に、マンモス女子高校を内側からレポートした衝撃の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 私学と定年
  • 2 校長と奥さん
  • 3 生徒募集と名物先生
  • 4 嬰児刺殺事件
  • 5 入試と合否発表
  • 6 部活と監禁
  • 7 学年主任と担任
  • 8 進学指導の実態
  • 9 被告席に坐るべきなのは誰か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恐るべき女子高校 : 東京成徳短大付属高校の現実
著作者等 太田 政巳
太田 正巳
書名ヨミ オソルベキ ジョシ コウコウ
出版元 三一書房
刊行年月 1987.11
ページ数 256p
大きさ 19cm
NCID BN02592926
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88008797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想