自己超越の思想 : 近代日本のニヒリズム

竹内整一 著

現実の空漠感の中から、人生の<意義><指標>をもとめて煩悶する近代人の自己形成の軌跡を追う。人生とは何かを問い続けた真撃な書。

「BOOKデータベース」より

現実の空漠感の中から、人生の意義と指標をもとめて煩悶する近代人の心の軌跡を追う。人生とは何か、を問いつづけた真摯な書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近代自己の誕生(近代自己誕生の原況-幕末から明治へ
  • 啓蒙として近代自己-福沢諭吉の「独立自尊」)
  • 2 近代自己の動揺(絶対自己の掲望-高山樗牛の「本然の自己」
  • 煩悶としての近代自己1-清沢満之の「精神主義」
  • 煩悶としての近代自己2-綱島梁川の「見神の実験」)
  • 3 近代自己の超越(哀感の意味-国木田独歩の自己挫折
  • 「諦め」の思想構造-田山花袋の自己留保
  • 「刹那哲学」の建設-岩野泡鳴の「徹底個人主義」
  • 「つまらなさ」の行方-正宗白鳥の「ニヒリズム」越超)
  • 4 近代自己と自然(近代自己と「家」-高村光太郎・田山花袋・柳田国男の「家」認識
  • 近代自己と死-独歩・泡鳴・白鳥の死からの超越)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近代自己の誕生(近代自己誕生の原況-幕末から明治へ
  • 啓蒙として近代自己-福沢諭吉の「独立自尊」)
  • 2 近代自己の動揺(絶対自己の渇望-高山樗牛の「本然の自己」
  • 煩悶としての近代自己(清沢満之の「精神主義」
  • 綱島梁川の「見神の実験」))
  • 3 近代自己の超越(哀感の意味-国木田独歩の自己挫折
  • 「諦め」の思想構造-田山花袋の自己留保
  • 「刹那哲学」の建設-岩野泡命の「徹底個人主義」
  • 「つまらなさ」の行方-正宗白鳥の「ニヒリズム」超越)
  • 4 近代自己と自然(近代自己と「家」-高村光太郎・田山花袋・柳田国男の「家」認識
  • 近代自己と死-独歩・泡鳴・白鳥の死からの超越)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自己超越の思想 : 近代日本のニヒリズム
著作者等 竹内 整一
書名ヨミ ジコ チョウエツ ノ シソウ : キンダイ ニホン ノ ニヒリズム
書名別名 Jiko choetsu no shiso
出版元 ぺりかん社
刊行年月 2001.7
版表示 新装版.
ページ数 286p
大きさ 20cm
ISBN 4831509817
NCID BA52774173
BN02588656
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20192706
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想