安藤元雄詩集  続

安藤元雄 著

日本の語学者の語源説が明らかにしたモノノアハレとまさしく等質の、世界と主体との対立。それを安藤元雄は言葉の藝の限りを盡して、しかし伝統的な日本美の流儀とはずいぶん違ふ流儀で、丁寧に、精細に、花やかに描き歌う。既刊詩集の全て、数多くの未刊詩篇を収録。主要詩論、クリティック、エッセイなどを収録。多彩な書き下し作品論、詩人論を併録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 詩集『この街のほろびるとき』から
  • 詩集『夜の音』から
  • 詩集『カドミウム・グリーン』全篇
  • 連作詩『めぐりの歌』全篇
  • 詩集『わがノルマンディー』全篇
  • 一輪車で遊ぶ少女
  • 未刊詩篇
  • 詩論・エッセイ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 安藤元雄詩集
著作者等 安藤 元雄
書名ヨミ アンドウ モトオ シシュウ
書名別名 Ando motoo shishu
シリーズ名 現代詩文庫 188
巻冊次
出版元 思潮社
刊行年月 2008.9
ページ数 158p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7837-0965-7
NCID BN02588044
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21486419
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想