ICP発光分析法

原口紘炁 ほか著

[目次]

  • 1 序論(ICP発光分析法の意義
  • 分光化学分析の発展
  • プラズマの定義と種類)
  • 2 プラズマ発光分析の基礎(原子スペクトル分析
  • ICP発光分析装置
  • ICP発光分析の特長
  • ICP発光分析の問題点
  • プラズマを用いるその他の分析技術)
  • 3 分析条件の最適化(ICPの構造
  • プラズマを特徴づけるパラメーター
  • 分析条件の最適化に影響するパラメーター
  • 検出限界と最適パラメーターの決定方法
  • ICPのバックグラウンド発光
  • 酸の影響とその補正法
  • 分光干渉と波長表
  • 発光強度からの濃度換算処理
  • 分析精度と正確さ)
  • 4 試料の前処理(標準溶液の調製
  • 試料の分解
  • 濃縮の分離
  • 標準化試料
  • 前処理操作の自動化)
  • 5 水質分析(サンプリングと保存
  • 湖水、河川水
  • 地下水、温泉水
  • 雨水
  • 排水)
  • 6 金属・工業材料(鉄鋼
  • 非鉄金属
  • セラミックス
  • 電子材料
  • 原子力材料
  • オイル)
  • 7 地球化学試料(ケイ酸塩岩石の主成分分析
  • 岩石試料の多元素同時分析
  • 岩石中の希土類元素の定量
  • 希土鉱石中の希土類元素の定量
  • 鉱物の全分析
  • 底質試料の分析
  • 土壌試料の分析
  • 石炭・フライアッシュの分析
  • エアロゾル粒子の分析)
  • 8 臨床試料および食品の分析(生物試料の分析に共通する事項
  • 血清・血液・血球
  • 尿
  • 毛髪
  • 骨・歯
  • 臓器、その他
  • 魚貝類および肉類
  • 牛乳および乳製品
  • 穀物(米・小麦)および関連食品
  • 野菜、果物、きのこ、茶、豆、豆製品、その他の植物体
  • 清涼飲料水、アルコール性飲料、茶浸出液
  • 調味料・食品添加物)
  • 付録(ICP発光分析のスペクトル線波長と検出限界
  • 安定同位体比
  • 波長・質量表)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ICP発光分析法
著作者等 久保田 正明
原口 紘炁
不破 敬一郎
古田 直紀
宮崎 章
日本分析化学会
森田 昌敏
原口 紘〓
書名ヨミ アイシーピー ハッコウ ブンセキホウ
シリーズ名 機器分析実技シリーズ
出版元 共立
刊行年月 1988.6
ページ数 260p
大きさ 21cm
ISBN 4320042174
NCID BN02587030
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88047834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想