老子之研究

武内義雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 老子道德經之硏究序說
  • 緖論 / 3
  • 第一章 老子傳の變遷と道家思想の推移 / 13
  • 一 史記の老子傳 / 13
  • 二 邊韶の老子銘 / 17
  • 三 神仙傳中の老子 / 23
  • 四 化胡經 / 31
  • 五 謝守灝の老子傳 / 36
  • 六 老子傳と道德經の注釋 / 37
  • 第二章 老子後學の年代 / 51
  • 一 老子の年代 / 51
  • 二 關尹と列子 / 62
  • 三 楊朱 / 67
  • 四 稷下の道家(田駢愼到) / 69
  • 五 稷下の分散 / 75
  • 六 莊周 / 77
  • 七 韓非子 / 80
  • 八 道家諸子の年世表 / 83
  • 第三章 漢以前道家思想の變遷 / 85
  • 一 老子後學の派別 / 85
  • 二 老聃關尹と列子楊子 / 93
  • 三 田駢莊周と愼到韓非 / 103
  • 四 先秦道家の變遷 / 107
  • 第四章 道德經の考察 / 110
  • 一 道德經著作に關する傳說 / 110
  • 二 道德經は韓非學派の所傳 / 114
  • 三 道德經の成立 / 121
  • 四 道德經の內容 / 130
  • 第五章 道德經の硏究方針 / 133
  • 一 經本校訂の必要 / 133
  • 二 王弼注の經本 / 134
  • 三 河上公注の經本 / 137
  • 四 傅奕の古本篇 / 143
  • 五 開元注の經本 / 150
  • 六 校定の方針 / 154
  • 七 道德經の批判 / 157
  • 老子道德經之硏究 / 165
  • 道德經析義凡例 / 167
  • 道德經析義上篇 / 169
  • 道德經析義下篇 / 297
  • 附錄 / 403
  • 一 前人の老子論 / 405
  • 二 「道」字の翻譯に就いて / 420
  • 三 老子の注釋書 / 431

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 老子之研究
著作者等 武内 義雄
書名ヨミ ロウシ ノ ケンキュウ
書名別名 Roshi no kenkyu
出版元 改造社
刊行年月 1927
ページ数 500p 図版
大きさ 23cm
NCID BN02585760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61006122
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想