大系日本の歴史  9

永原慶二 ほか編

関ケ原戦から泰平の元禄にいたる100年間、幕府の支配の方法はどんなだったか、そして公家と武家の関係や対外関係は?きびしい身分制社会のなかで、人びとの暮らしの実際を、民間の視座から活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本人の原像-はじめに
  • 徳川政権の成立
  • 海禁とキリシタン禁制
  • 天皇と公家
  • 江戸と城下町
  • 国家鎮護と民間信仰
  • 御家と治政-士の世界
  • 村と家-農の世界
  • 南と北の異域
  • 仲間と組合-工商の世界
  • 暮らしと楽しみ
  • 元禄前後の「上」と「下」
  • 民間社会のゆくえ-おわりに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大系日本の歴史
著作者等 永原 慶二
深谷 克己
永原慶二ほか
書名ヨミ タイケイ ニホン ノ レキシ
書名別名 士農工商の世

Taikei nihon no rekishi
巻冊次 9
出版元 小学館
刊行年月 1988.10
ページ数 358p
大きさ 21cm
ISBN 4096220094
NCID BN0258508X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88057175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
士農工商の世 深谷 克己
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想