任侠のエトス

中本征利 著

著者自身の人間観としての任侠のエトス。極道・武士道・三国志と史記の世界、そして十字架のキリスト。これらを貫くものは?現代社会において任侠とは是か非か?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 回想
  • 第2章 極道(武士-悪党-極道
  • 失われた共同体への幻想的回帰
  • モラルの身体性
  • 同性愛文化
  • 女性の貶価
  • 統治の下部機構
  • 前性器的メンタリティー)
  • 第3章 武士道-封建倫理(封建制度・封建契約
  • 平将門
  • 鎌倉開幕
  • 平家物語の人々
  • 悪党の時代
  • 幕藩体制の確立
  • 極道と武士道
  • 西欧との比較)
  • 第4章 水滸伝と三国志(儒教と任侠
  • 梟雄曹操
  • 豪傑達
  • 人格と才能-両義的緊張関係)
  • 第5章 史記の世界(天道是か非か?
  • 伍子胥
  • 刎頚の友
  • 刺客列伝
  • 権力の深層-始皇と呂不韋
  • 野心の果て-淮陰侯韓信
  • 楚狂の詩)
  • 第6章 十字架のキリスト(不合理なるが故に我信ず
  • ヘレニズムとヘブライズム
  • 原罪の自覚
  • キリスト教的リアリズム
  • 資本主義・主権国家・近代科学
  • キリストの肉体の変容としての近代的自我)
  • 第7章 任侠のエトス〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 任侠のエトス
著作者等 中本 征利
書名ヨミ ニンキョウ ノ エトス
書名別名 Ninkyo no etosu
出版元 勁草出版サービスセンター
刊行年月 1987.10
ページ数 284p
大きさ 20cm
ISBN 4326930985
NCID BN02584881
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88003773
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想