近代文章成立の諸相

木坂基 著

[目次]

  • 第1章 文章研究と文章史観(構築の発想と文章研究
  • 文章史における近代観)
  • 第2章 幕末明治初期講述本の文章史的性格(心学書の文章
  • 心学書の文章と接続詞
  • 篤胤講述本『悟道弁』『古道大意』の文章
  • 篤胤講述本『悟道弁』と明治初期講述本『真政大意』の文章
  • 明治初期講述本の用語法)
  • 第3章 近代文語としての雅俗折衷体の成立(一葉作品にみる指定的表現と時間的表現
  • 『たけくらべ』の雅俗折衷体の成立
  • 雅俗折衷体の語彙)
  • 第4章 近代日本語文章と訳語・欧語脈、欧文脈(訳語としての「文化」の定着過程
  • 福沢諭吉と外国語
  • 近代文章史における欧文脈の問題
  • 欧文脈の消長
  • 近代文章の成立と欧文脈)
  • 第5章 近代日本語表現の諸相(近代小説の接続語
  • 近代日本語文章における「こと」語・「こと」表現
  • 近代比喩と文体)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代文章成立の諸相
著作者等 木坂 基
書名ヨミ キンダイ ブンショウ セイリツ ノ ショソウ
書名別名 Kindai bunsho seiritsu no shoso
シリーズ名 研究叢書 55
出版元 和泉書院
刊行年月 1988.2
ページ数 487p
大きさ 22cm
ISBN 4870882752
NCID BN02578335
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88044072
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想