歴史のなかの音楽

三宅幸夫 ほか著

歴史、文学史、美術史、科学史等の専門家23人をゲストに迎え、自在な越境を愉しみ、たがいに挑発しながら、中世から現代にいたるまでの西洋音楽の流れを語りあう。対談による西洋音楽史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 祈る人、戦う人、働く人-中世文化の担い手たち(中島悠爾)
  • 書きしるされた音楽-中世の楽譜と音楽理論(皆川達夫)
  • 聖と俗の共存-中世美術に描かれた楽師と楽器(名取四郎)
  • 二つの宇宙のはざまに-ヨーロッパ的なるもの(阿部謹也)
  • 不動の視点-イタリア・ルネサンス(高階秀爾)
  • 地中海へのあこがれ-北方ルネサンス(樺山紘一)
  • 生き切った時間の想い出-ルネサンスの祝祭(若桑みどり)
  • 多視点のマニエリスム-シェイクスピアの世紀末(高橋康也)
  • 真実よりも真実らしく-魂を揺り動かすバロック芸術(坂本満)
  • 節度と型-フランス古典主義演劇と宮廷バレエ(伊藤洋)
  • <良き趣味>をもとめて-楽譜と演奏習慣(有田正広)
  • 音は宇宙を宿す-自然科学と音楽(村上陽一郎)
  • 世界は一冊の書物-啓蒙主義と音楽(鷲見洋一)
  • 立ち遅れたドイツ-ゲーテの時代(小栗浩)
  • 瞑想の伝達、内面の解放-ドイツ・ロマン派の絵画と音楽(有川治男)
  • 浪費の復権-19世紀パリの文化(横張誠)
  • カタルシスの放棄-リアリズム演劇(毛利三彌)
  • ひび割れた生命の杯(三光長治)
  • 影から影へ-フランス印象主義(平島正郎)
  • 夢と現実-世紀末ウィーン(千足伸行)
  • 西欧との出会い-帝政ロシアの文化(川端香男里)
  • 保守的な革命家-ドイツ表現主義(土肥美夫)
  • ユニヴァーサルな卵-未来への展望(武満徹)
  • イメージとしての音楽-なぜ音楽を語るか(三宅幸夫)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史のなかの音楽
著作者等 三宅 幸夫
書名ヨミ レキシ ノ ナカ ノ オンガク
書名別名 Rekishi no naka no ongaku
出版元 平凡社
刊行年月 1988.8
ページ数 333p
大きさ 22cm
ISBN 4582216315
NCID BN0257234X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88059874
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想