講座家族心理学  第2巻

平木 典子【編】

第2巻は、人間のもつ同居の欲求の最も明確な表現であり、また家族の出発点でもある夫と妻(カップル)に焦点を合わせた特集である。ここでは、人はどのようにして「誰かとともに生きよう」とする選択をするのか、そしてその選択には意識される目的や期待のほかに、どのような無意識の心理的プロセスが含まれているのか、というカップルになる前の問題から、結婚前から持ち越したことも含めてカップルとして生き続ける上で、結婚生活中に起こる問題、そして、「相手とともに生きることを断念する」に至るカップルのプロセスと問題までをできる限り多方面から取りあげることにした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 問題と問題解決へのアプローチ(婚前の課題
  • 夫婦のための交流分析
  • 夫婦間葛藤の家族療法
  • セックス・セラピー
  • フェミニスト・セラピィからみた夫と妻
  • 離婚のメカニズムとカウンセリング)
  • 第2部 関連領域からの提言(性役割と夫婦関係
  • 現代の夫婦の性<セクシュアリティ>
  • 心身症児の夫婦関係
  • 家族崩壊の現状
  • 高齢化社会の夫婦関係)
  • 特別論文 インティマシー<親密>の社会心理学(対人魅力の心理
  • インティマシー<親密>研究の最近の動向)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 講座家族心理学
著作者等 井上 勝也
円 より子
古畑 和孝
平木 典子
杉田 峰康
河野 貴代美
福富 護
福田 俊一
篠田 知璋
近藤 裕
野末 源一
青木 やよひ
高橋 正人
書名ヨミ コウザ カゾク シンリガク
書名別名 夫と妻 : その親密化と破綻
巻冊次 第2巻
出版元 金子書房
刊行年月 1988.9
ページ数 292p
大きさ 21cm
ISBN 4760893024
NCID BN02566460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88057380
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
夫と妻 : その親密化と破綻 平木典子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想