エイズとの闘い  2

杉本正信 著

エイズが勿然と現れて猛威をふるい始めてから20年が経った。その間、科学者、医学者のなみなみならぬ決意により、異例の速さで、病原体(HIVウイルス)が確定され、その遺伝子の全貎が明らかにされた。本書では、病気の発見からこれまでのエイズ研究の歴史、それがもたらしたさまざまな社会的事象(感染者に対する差別、薬害エイズ問題、性に対する意識の変革)、さらに感染妨止の鍵となるべきワクチン開発への取り組みなど今後の展望についても語られる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 エイズの謎解き
  • 第2章 エイズウイルス(HIV)
  • 第3章 エイズの発症と免疫不全
  • 第4章 エイズに挑戦するバイオテクノロジー
  • 第5章 エイズの防止と人権問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エイズとの闘い
著作者等 杉本 正信
書名ヨミ エイズ トノ タタカイ
書名別名 Eizu tono tatakai
シリーズ名 科学のとびら 36
巻冊次 2
出版元 東京化学同人
刊行年月 1999.5
ページ数 198, 5p
大きさ 19cm
ISBN 4807912763
NCID BN02562798
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99100379
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想