四月の風見鶏

渡辺淳一 [著]

花曇りの空の下に交叉する迷いと悔恨。風見鶏にたくす人生の岐路。将来を嘱望された若き医師が、大学講師の椅子を捨て、作家を志し、妻子を置いて上京、木造アパート6畳1間に居をかまえ、花曇りの4月の空を見上げて「どうしようか、帰ろうか」とつぶやく。「故郷を捨ててとか、雄志を抱いて、というのにはほど遠い、なんとなく行きがかり上、札幌にいたたまれず、東京へ出てくることになったまで」なのだが、いざとなると怖気づいてしまう青年の不安と焦燥をあざやかにとらえて胸打つ。札幌医大整形外科講師から流行作家渡辺淳一の誕生の原点をリリックな筆で自伝風に描く表題作『四月の風見鶏』。他に医師を主人公の佳作6編を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 四月の風見鶏
著作者等 渡辺 淳一
書名ヨミ シガツ ノ カザミドリ
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1986.2
ページ数 262p
大きさ 15cm
ISBN 404130721X
NCID BN0255088X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86025000
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想