唐宋伝奇集  下

今村与志雄 訳

この『唐宋伝奇集』は、中国でいう「古小説」のうち、唐、宋の、いわゆる「伝奇」(伝奇物語)から選択して翻訳し、注をつけたものである。この下巻には、唐代中期から唐代末期、五代を経て宋代までの代表的な作品を選んだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 杜子春
  • 杵、燭台、水桶、そして釜-元無有
  • 冥界からもどった女-斉饒州
  • 同宿の客-辛公平上仙
  • 魚服記-薛偉
  • 赤い縄と月下の老人-定婚店
  • 則天武后の宝物-蘇無名
  • 竜女の詩会-許漢陽
  • 飛天夜叉-薛淙
  • 白蛇の怪-李黄
  • 碁をうつ嫁と姑-王積薪
  • 玻璃の瓶子-胡媚児
  • 女将とろば-板橋三娘子
  • 山の奥の実家-申屠澄
  • 蒼い鶴-戸部令史妻
  • 巨獣-安南猟者〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 唐宋伝奇集
著作者等 今村 与志雄
書名ヨミ トウ ソウ デンキシュウ
書名別名 杜子春 : 他三十九篇

To so denkishu
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.9
ページ数 384p
大きさ 15cm
ISBN 4003203828
NCID BN02547477
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89002419
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想