日本と世界これからどうなる : 90年代への8つの視点

舛添要一, プロジェクト3D 著

気鋭の政策提言集団が現代の問題に鋭く斬り込む。税制改革、現代政治、科学技術、東京集中、日米関係、日ソ関係、日中関係、通貨体制。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 危機に立つ日本の選択
  • 1 日本・国内改革への道(竹下政治に求められる四つの視点
  • 日本型税財政改革への道
  • 東京・地方格差は解決できる
  • 21世紀はライフサイエンスの時代)
  • 2 世界の中の日本(日米経済摩擦のゆくえ
  • 日本を意識し始めたソ連
  • 「百年の大計」を定めた中国
  • 1990年代の通貨・債務問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本と世界これからどうなる : 90年代への8つの視点
著作者等 プロジェクト3D
舛添 要一
書名ヨミ ニホン ト セカイ コレカラ ドウナル
出版元 PHP研究所
刊行年月 1988.3
ページ数 221p
大きさ 20cm
ISBN 4569222005
NCID BN02541903
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88028155
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想