法廷の魔術師

和久峻三 著

小野季夫は喫茶店「花隈」の従業員でもあり、経営者の佐久間玉恵の愛人でもあった。31になる玉恵は、神戸市内で手広く商売をする今井政吉の囲われ者である。繁盛している「花隈」が閉店すると聞き、後を引き継いで独立しようと、季夫は、金策に走り回り、やっとコーヒーショップ「ONO」の開店にこぎつけた。しかし、これは罠であった。開店をあせるばかりに店の賃貸借契約として即決和解をしてしまったのである。店がようやく軌道に乗った時、季夫が手にしたのは、明け渡しを求める内容証明であった。季夫の孤軍奮闘が始まった。無料法律相談の老弁護士の後押しで、季夫は1人、法廷で悪徳弁護士と対決する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法廷の魔術師
著作者等 和久 峻三
書名ヨミ ホウテイ ノ マジュツシ
書名別名 Hotei no majutsushi
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1986.12
ページ数 342p
大きさ 15cm
ISBN 4041421705
NCID BN02541608
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87016636
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想