許された殺意

和久峻三 著

交通事故後、神経症に落ちいり狂暴になっていた橋本勝宏が殺害された。犯人は同居の義父森田宇一郎。目撃者は妻加代子。その日勝宏は酒に酔い、妻の帰宅が遅れたことから暴力をふるい、止めに入った義父にも狂暴に襲いかかったのであった。過剰防衛か未必の故意による殺人か、裁判官の意見は分れた。左陪席の松村は、宇一郎と加代子の証言のずれに何かうなずけないものを感じた。裁判官を主人公にした法廷ミステリー。法律ワンポイント・レッスン付。推理小説のもう一つ奥の楽しみが味わえます。

「BOOKデータベース」より

交通事故後、神経症に落ちいり狂暴になっていた橋本勝宏が殺害された。犯人は同居の義父森田宇一郎。目撃者は妻加代子。その日勝宏は酒に酔い、妻の帰宅が遅れたことから暴力をふるい、止めに入った義父にも狂暴に襲いかかったのであった。過剰防衛か未必の故意による殺人か、裁判官の意見は分れた。左陪席の松村は、宇一郎と加代子の証言のずれに何かうなずけないものを感じた。裁判官を主人公にした法廷ミステリー。法律ワンポイント・レッスン付。推理小説のもう一つ奥の楽しみが味わえます。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 許された殺意
著作者等 和久 峻三
書名ヨミ ユルサレタ サツイ
書名別名 Yurusareta satsui
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1986.6
ページ数 316p
大きさ 15cm
ISBN 4041421667
NCID BN02541404
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86043336
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想