蘭菊の狐

西村寿行 著

美少女、出雲阿紫は代々狐つきの家系とみなされ、人々からのけものにされていた。町長の石鍋らの命令により町民に妻を凌辱され憤死した父、狂死した母、さらに石鍋らの秘密をつかんだ兄も殺され、孤児となった。怒りと復讐に燃え、全町民を相手に独り立ち向った阿紫は、奇妙な男三人の協力を得て、凄絶な闘いを挑んだのだった…。古来より伝わる"狐つき"の神話をテーマに描いた傑作長編復讐小説!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蘭菊の狐
著作者等 西村 寿行
書名ヨミ ランキク ノ キツネ
書名別名 Rankiku no kitsune
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1986.9
ページ数 355p
大きさ 15cm
ISBN 4041407567
NCID BN02535842
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86058615
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想