人間-その生死の位相

山川偉也 編

最新の医療や精神医学、社会福祉、公害などにおける人間の生死のあり方を実証的に考察し、哲学・宗教・教育・歴史あるいは民俗学的な視点から生死の実相を追究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 人間-その生死の位相
  • 1 生と死の現実(終末期から生と死を省察する
  • 生老病死
  • 臓器移植が現代に問いかけるもの
  • 「生きていること」の生理学的仕組み
  • 脳の死は心の死を意味するか
  • 希望と絶望のはざまで-青年の生と死
  • 孤独と放置の中の生と死
  • 海の死、山の死、空の死、そして人間の死)
  • 2 生と死の思想(人はなぜ弔いの鐘を鳴らすのか
  • 戦争と死
  • 靖国の英霊-日本近代の戦争と死
  • 朝鮮人の死観と「恨」の物語
  • ソクラテスと死-あるいはプラトン『パイドン』篇における「死の練習」
  • わたしの死-エピクロスの場合
  • イエスの生・イエスの死
  • 核時代の生と死
  • 死の教育から生の教育へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間-その生死の位相
著作者等 山川 偉也
書名ヨミ ニンゲン ソノ セイシ ノ イソウ
書名別名 Ningen sono seishi no iso
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1988.5
ページ数 267p
大きさ 19cm
ISBN 4790703363
NCID BN02529307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88042396
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想