炭化珪素セラミックス : 基礎・応用・製品紹介

宗宮重行, 猪股吉三 編

開発が進む炭化珪素(SiC)の現状と将来に展望!大学・研究所と企業からの最新研究情報。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 炭化珪素の結晶化学
  • シリコンカーバイドの特性と応用
  • SiC単結晶薄膜のエピタキシャル成長
  • CVD・SiC
  • SiC連続繊維:合成と性質
  • 気相法による超微粒SiCの生成とその焼結
  • 炭化珪素超微粉体の焼結特性
  • 高純度炭化珪素の結晶粒界
  • 炭化珪素における粒界と強度特性
  • 炭化珪素の焼結
  • SiCセラミックスの接合技術
  • 炭化珪素ウイスカーとジルコニアによるアルミナのマルチタフニング
  • SiCの焼結助剤と熱伝導率
  • 炭化珪素焼結体の酸化挙動
  • 三井造船のSiC
  • 三井東圧化学(株)のβ‐SiC微粉末
  • シリカ還元による高純度β‐SiC粉末の合成と焼結性
  • 小野田炭化珪素粉末
  • プラズマCVD法によるSiC超微粉末の合成と焼結
  • 炭化珪素連続繊維(ニカロン)
  • 炭化珪素ウイスカーの特性とその応用
  • 炭化珪瀑ウイスカー(トーカウイスカー)とその利用状況
  • ホットプレス炭化珪素セラミックス
  • アルミナ添加による無加圧焼結炭化珪素
  • β‐SiCセラミックスの製造法とその特性
  • 昭和電工の炭化珪素
  • 各種SiC系セラミックスについて
  • 高密度炭化珪素製品
  • 東海高熱の炭化珪素(SiC)セラミックス
  • 炭化珪素発熱体(シリコニット)の寿命と雰囲気による影響
  • SiCの接合
  • ESKの焼結炭化珪素:摺動部用耐蝕耐摩毛部材
  • Hermann C. Starck Berlin社のSiC粉末

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 炭化珪素セラミックス : 基礎・応用・製品紹介
著作者等 宗宮 重行
猪股 吉三
書名ヨミ タンカ ケイソ セラミックス
書名別名 Tanka keiso seramikkusu
シリーズ名 新素材シリーズ
出版元 内田老鶴圃
刊行年月 1988.9
ページ数 457, 5p
大きさ 27cm
ISBN 475365172X
NCID BN02518333
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89000767
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想