回路網理論

電気学会通信教育会 編

[目次]

  • 回路網理論
  • 目次
  • 第1章 回路網の基礎
  • 1.1 概説 / p1
  • 1.2 応答,周波数特性,伝達関数 / p7
  • 1.3 回路網の基礎法則 / p19
  • 1.4 イミタンス関数の特性 / p20
  • 1.5 回路網の合成 / p23
  • 1.6 波形伝送 / p24
  • 1.7 摘要 / p26
  • 1.8 問題 / p27
  • 第2章 二端子網
  • 2.1 一般の二端子網 / p28
  • 2.2 リアクタンス二端子網 / p30
  • 2.3 リアクタンス関数 / p34
  • 2.4 リアクタンス回路の等価回路および合成法 / p37
  • 2.5 二素子二端子網の合成法 / p45
  • 2.6 逆回路網と定抵抗回路網 / p47
  • 2.7 摘要 / p48
  • 2.8 問題 / p49
  • 第3章 四端子網
  • 3.1 基礎公式 / p51
  • 3.2 四端子網の接続 / p61
  • 3.3 等価回路 / p65
  • 3.4 対称四端子網と二等分定理 / p77
  • 3.5 フィルタ / p79
  • 3.6 能動四端子網 / p95
  • 3.7 摘要 / p103
  • 3.8 問題 / p104
  • 第4章 分布定数回路
  • 4.1 基本方程式 / p111
  • 4.2 線路定数 / p115
  • 4.3 端子条件を与えた場合の電圧,電流 / p119
  • 4.4 反射係数 / p121
  • 4.5 位置角 / p123
  • 4.6 等価四端子網 / p125
  • 4.7 縦続接続 / p126
  • 4.8 特殊条件の分布定数回路 / p130
  • 4.9 共振線路 / p135
  • 4.10 摘要 / p141
  • 4.11 問題 / p142
  • 第5章 ラプラス変換法と分布定数回路
  • 5.1 ラプラス変換 / p145
  • 5.2 分布定数回路 / p159
  • 5.3 摘要 / p169
  • 5.4 問題 / p169
  • 付録 / p171
  • 問題の解答 / p175
  • 索引 / p185

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 回路網理論
著作者等 倉田 是
小郷 寛
電気学会通信教育会
書名ヨミ カイロモウ リロン
出版元 電気学会
刊行年月 1967
ページ数 187p
大きさ 22cm
ISBN 4886861601
NCID BN02511786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67001539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想