山内容堂

平尾道雄 著

明治維新の先覚者として推称される土佐藩主山内容堂は、他面では詩酒奔放の行状で世の非難をも受けた。しかし混迷する維新前後の舞台に立って革新的役割を負った容堂は、優れた知性と情熱の持主であるとともに、封建大名という宿命的な地位から、時代に悩む赤裸々な一人間でもあった。見事な史料駆使による人物追求の正伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 山内容堂とその家譜
  • 外交問題と藩政
  • 安政の大獄
  • 公武合体運動
  • 富国強兵策
  • 討幕派の動き
  • 政権奉還を建白す
  • 王政復古と容堂
  • 大名の時代は去りぬ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山内容堂
著作者等 平尾 道雄
書名ヨミ ヤマノウチ ヨウドウ
書名別名 Yamanouchi yodo
シリーズ名 人物叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1987.3
版表示 〔新装版〕
ページ数 258p
大きさ 19cm
ISBN 4642050701
NCID BN02511571
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87022124
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想