メッカとリヤド

岡倉徹志 著

聖地メッカ・メディナの守護者。主族2万人が支配する国。世界最大の産油国。高層ビル群と厳格なイスラム法の二価値が並立する王国。知られざるサウジアラビアの素顔と将来を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 砂漠のもののふ-イフワーンの国
  • 2 部族ピラミッド-頂点に王族2万人
  • 3 メッカにひれ伏して-政教一致の王国
  • 4 砂漠の不夜城-石油に浮かぶ王国
  • 5 サウジ=アメリカン-反共外交の展開
  • 6 王都リヤドの変貌-イスラムと近代化の相克
  • サウジアラビア経済関係略年表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メッカとリヤド
著作者等 岡倉 徹志
書名ヨミ メッカ ト リヤド
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1988.8
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 4061489135
NCID BN0249177X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88058335
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想