情報の文明学

梅棹忠夫 著

物質・エネルギーの産業化から精神の産業化へ-情報化社会の到来を明確に予告してから四半世紀、価値の生産と消費の意味を文明史的に考察し、現代を解読する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 放送人の誕生と成長
  • 情報産業論
  • 精神産業時代への予察
  • 情報産業論への補論
  • 四半世紀のながれのなかで
  • 情報産業論再説
  • 人類の文明史的展望にたって
  • 感覚情報の開発
  • 『放送朝日』は死んだ
  • 実践的情報産業論
  • 情報経済学のすすめ
  • 情報の文明学
  • 情報の考現学(工業と農業
  • メディアと装置
  • 価値と占有
  • 空間と時間)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報の文明学
著作者等 梅棹 忠夫
書名ヨミ ジョウホウ ノ ブンメイガク
シリーズ名 中公叢書
出版元 中央公論社
刊行年月 1988.6
版表示 12版
ページ数 283p
大きさ 20cm
ISBN 4120016935
NCID BB0172381X
BN02488968
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88048688
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想