恐竜はなぜ滅んだか

平野弘道 著

今から6500万年前の白亜紀末、常夏の地球を跋扈していた恐龍が一斉に地球上から消えた。史上最大のウルトラサウルスや、「歩く口」タイラノサウルスなど、恐龍たちはどんな生活をしていただろう。そして、大絶滅の原因は?巨大生命の誕生から滅亡へのドラマをひもとく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 恐龍の登場
  • 2章 恐龍の一族
  • 3章 恐龍の日々
  • 4章 恐龍の死んだ日
  • 5章 恐龍の子孫たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恐竜はなぜ滅んだか
著作者等 平野 弘道
書名ヨミ キョウリュウ ワ ナゼ ホロンダカ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1988.7
ページ数 214p
大きさ 18cm
ISBN 4061489062
NCID BN02474500
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88054036
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想