「マス・メディアと法」入門

松井茂記 著

マス・メディアは、市民の知る権利を確保する一方、プライヴァシーの侵害・名誉毀損などの問題を引き起こす。憲法の視角から市民の関係を捉え直し、加速する情報化社会におけるマス・メディアをめぐる法の全貌をはじめて明らかにした決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 マス・メディア法総論(表現の自由総説
  • 表現・報道の自由の限界)
  • 2 表現・報道の規制(表現内容に基づく表現の規制
  • 名誉毀損
  • その他の個人的権利の侵害
  • 猥褻的表現
  • 表現内容中立的規制)
  • 3 取材の自由と情報開示請求権(取材の自由
  • 政府情報に対する開示請求権)
  • 4 放送(放送の自由と放送規制
  • マス・メディアへのアクセス権と社会的責任)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「マス・メディアと法」入門
著作者等 松井 茂記
書名ヨミ マス メディア ト ホウ ニュウモン
書名別名 Masu media to ho nyumon
出版元 弘文堂
刊行年月 1988.7
ページ数 344p
大きさ 20cm
ISBN 4335350864
NCID BN02472130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88055042
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想