日本列島のおいたち  続 (第四紀の世界)

浜田隆士 編

[目次]

  • 続・日本列島のおいたち
  • 目次
  • インターリュード / 1
  • 第1章 第三紀から第四紀へ / 1
  • 火山列島 / 2
  • 海底で鉱床ができる / 6
  • 地層に読む太古の地震 / 9
  • 断層は生きている / 13
  • 日本海はいつ開いた? / 17
  • 日本海溝のなりたち / 21
  • 日本アルプスはなぜ高い? / 25
  • 火山灰が日本中をおおった / 29
  • 琵琶湖の歴史 / 33
  • 古地磁気は語る / 37
  • 花粉化石が解き明かす琵琶湖古環境の謎 / 42
  • 第2章 ほろび去った動物たち / 47
  • 右と左が入れかわる / 48
  • 塩原化石湖にみる世界 / 52
  • 大阪湾にワニがいた! / 56
  • 洞穴に落ちた動物たち / 60
  • トラやキリンもいた / 64
  • シカの園 / 67
  • 日本のオオツノジカ / 71
  • マンモスがやってきた / 75
  • 第3章 古気候をさぐる / 81
  • 山脈に輝く氷河 / 82
  • 尾瀬ケ原を探る / 86
  • 江古田針葉樹林のころ / 90
  • 陸上の林が海底に / 93
  • 埋没林は何を語るか / 99
  • 花粉化石が秘める第四紀気候変動 / 104
  • 貝類が語る縄文海進 / 108
  • 海底に没した縄文早期の貝塚 / 112
  • 貝殻の示す古環境 / 115
  • 沼サンゴ層の形成 / 120
  • 第4章 日本原人を求めて / 125
  • 花泉の化石哺乳類 / 126
  • 宝の山、野尻湖層 / 130
  • 野尻湖人を求めて / 134
  • 古人類の研究 / 138
  • 更新世人類はいたのか? / 141
  • 日本原人の系譜を求めて / 145
  • 明石原人の思い出 / 149
  • 北京原人のころの日本 / 153
  • 北京原人と日本原人 / 157
  • 第5章 古人類の生活をさぐる / 163
  • 旧石器文化をたどる / 164
  • 石器にも交易圏 / 168
  • 一万年土器の意義 / 172
  • 縄文人はどのようにして火をおこしたか / 175
  • 古人類の生業活動 / 185
  • 縄文時代の狩猟技術 / 189
  • 魚貝類が語る縄文人の食生活 / 198
  • 先史の生活を飾った貝製品 / 208
  • エピローグ / 217
  • 列島史をふりかえる / 218
  • 大地の科学 / 222
  • 列島五億年の歴史をふまえて / 225
  • 地球学、さらに宇宙地球科学へ / 229
  • 歴史の教訓に学べ / 234

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本列島のおいたち
著作者等 浜田 隆士
書名ヨミ ニホン レットウ ノ オイタチ
シリーズ名 東海科学選書
巻冊次 続 (第四紀の世界)
出版元 東海大学出版会
刊行年月 1981.2
ページ数 238p
大きさ 19cm
NCID BN02463388
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
81018535
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想