怪談の科学 : 幽霊はなぜ現れる

中村希明 著

「幽霊なんて、いるわけがない」という人も、頭のすみではやはり何か引っかかるものを持っているはず。一方、「幽霊はいる」と信じている人も、この科学時代に、ときには確信のゆらぐこともあるでしょう。この本には中村さんが長年かけて収集した怪談の事例がいっぱい入っています。そしてその話の奥の方から、不思議で怪奇な人間の「心」が見えてきます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 あなたにも幽霊は現れる-生理的幻覚1
  • 第2章 極限状況が生む幻覚-生理的幻覚2
  • 第3章 幽霊はなぜ丑満刻に出るか-境界領域における幻覚
  • 第4章 精神変調時の幻覚-心因反応と幻聴
  • 第5章 怪談の論理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 怪談の科学 : 幽霊はなぜ現れる
著作者等 中村 希明
書名ヨミ カイダン ノ カガク
書名別名 Kaidan no kagaku
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1988.7
ページ数 255p
大きさ 18cm
ISBN 4061327364
NCID BN02459143
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88053699
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想