老子

老子 原著 ; 蜂屋邦夫 訳注

熾烈な戦国時代を生き抜く処世の知恵であり一種の統治理論であるが、同時に、世の中と人間についての深い洞察力によって、人生の教科書ともいうべき普遍性を持っている。ここで説かれる平和的で、自足、素朴なあり方は、時代を超えて人々の心に訴えかける。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老子
著作者等 武内 義雄
老子
蜂屋 邦夫
書名ヨミ ロウシ
シリーズ名 老子 (経典) 33-205-1
岩波文庫 33-205-1
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.12
ページ数 453p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-332051-8
NCID BA88243827
BN01799714
BN02458730
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21540008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想