大東亜共栄圏

小林英夫 著

東南アジアへの観光客は、年に270万人にのぼっている。そのうち何人が、「大東亜共栄圏」の名のもとにすすめられた日本のアジア侵略の事実を知っているだろうか。筆者自身の現地調査もあわせながら、太平洋戦争期の東南アジアの歴史と実態に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「大東亜共栄圏」の傷あと(海外旅行ブーム
  • 激戦地マリベレス
  • バターン"死の行進"
  • マリベレスの旅-輸出加工区の光景
  • マリベレスの旅-"死の行進"記念碑の重み)
  • 「大東亜共栄圏」への道(「大東亜共栄圏」の語源
  • 日中戦争の開始
  • 泥沼化する戦局
  • 「東亜新秩序」声明
  • 占領地行政の推進
  • 第2次大戦の勃発と日本
  • 「東亜新秩序」から「大東亜共栄圏」へ
  • 南進か北進か
  • 開戦の決定)
  • 「大東亜共栄圏」の実態-「共栄圏」か「共貧圏」か(緒戦での勝利
  • 脆弱な統治機構
  • できなかった円系通貨圏
  • 物資収奪機構の破綻
  • 労働者の強制移動
  • 皇民化思想の強要
  • 抗日闘争のひろがり
  • 連合軍の反撃
  • 「大東亜共栄圏」の崩壊
  • 歴史から学ぶもの)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大東亜共栄圏
著作者等 小林 英夫
書名ヨミ ダイトウア キョウエイケン
シリーズ名 シリーズ昭和史 no.7
岩波ブックレット no.7
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.8
ページ数 62p
大きさ 21cm
ISBN 4000034375
NCID BN0245279X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88060584
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想