核廃絶と世論の力 : 長崎平和シンポジウム

長崎市, 核軍縮を求める二十二人委員会 編

史上はじめて核軍縮実現の希望をみたいまこそ、世論の力を発揮し、さらに一押しを加えるべきだ。それでは何をなすべきか。何ができるか-宇都宮徳馬氏を始めとする二十二人委員会と被爆者たちが、熱気溢れる議論から導き出した具体的な提案。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 長崎からの発言(被爆者の思い
  • 三つの使命
  • 平和の母子像)
  • 討論
  • 長崎宣言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 核廃絶と世論の力 : 長崎平和シンポジウム
著作者等 核軍縮を求める二十二人委員会
長崎市
長崎市核軍縮を求める二十二人委員会
書名ヨミ カク ハイゼツ ト ヨロン ノ チカラ
シリーズ名 岩波ブックレット no.120
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.8
ページ数 71p
大きさ 21cm
ISBN 4000030604
NCID BN02452585
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88060674
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想