大蔵省証券局

栗林良光 著

世界金融市場のメッカになりつつある東京証券の改善、整備、監督、市場行政を担当する大蔵省証券局。その人と組織、機能、歴史、役割、そして焦眉の課題「インサイダー取引規制」などを解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 東京証券取引所の"お目付け役"松野允彦東証監理官
  • 第2章 金野俊美総務課長の日々
  • 第3章 証券局の人と組織
  • 第4章 これからの証券行政
  • 第5章 インサイダー取引規制等の当面の諸問題
  • 第6章 東証の"これから"
  • 第7章 証券と銀行の大戦争-垣根くずし-制度問題解決は1〜2年かかる
  • 第8章 証券行政を築いた人々(若き日の森永貞一郎の証券改革
  • 免許制行政推進の中心人物・加治木俊道
  • 日銀特融をめぐる角栄蔵相と大蔵省の"危機一髪"の証券恐慌ドラマ
  • 初代証券局長松井直行の人生
  • 証券行政体制強化の第一弾、初代の証券担当・谷村裕財務調査官
  • 病原を看破した坂野常和
  • 粉飾決算を退治した安井誠
  • 「金融自由化の渦中に死す」佐藤徹)
  • 第9章 急浮上したインサイダー規制

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大蔵省証券局
著作者等 栗林 良光
書名ヨミ オオクラショウ ショウケンキョク
書名別名 Ookurasho shokenkyoku
出版元 講談社
刊行年月 1988.5
ページ数 376p
大きさ 20cm
ISBN 4062034573
NCID BN02447188
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88044986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想