ポーランド現代史

伊東孝之 著

「連帯」を生んだ社会主義国。"西欧文化圏"に属しながら、政治的には"東欧"の一員であるポーランド。国際政治の嵐に翻弄され、戦後、社会主義国として再生したこの国の歴史を、"国家"と"市民社会"とのかかわりを軸に展開する。「連帯」の夢と現実は、何を語っているのだろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ポーランド-自然と民族
  • 1 ポーランド史の諸前提
  • 2 独立への道
  • 3 独立の試練
  • 4 ピウスツキ体制
  • 5 生き残りのための戦い
  • 6 解放と革命
  • 7 非スターリン化の夢と現実
  • 8 ギエレク体制
  • 9 自制的革命と「連帯」
  • 10 強権支配と上からの改革

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポーランド現代史
著作者等 伊東 孝之
星 昭
林 晃史
書名ヨミ ポーランド ゲンダイシ
シリーズ名 世界現代史 27
出版元 山川出版社
刊行年月 1988.8
版表示 1版3刷
ページ数 402, 53p
大きさ 20cm
ISBN 4634422700
NCID BA38275333
BN00321371
BN02446979
BN1043696X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88055988
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想