軍国美談と教科書

中内敏夫 著

とどろく砲音…で名高い軍神広瀬中佐。死んでもラッパを放さなかった木口小平。爆弾三勇士。軍国の母の鑑とうたわれた「一太郎やあい」の老母…。戦前国定教科書の花形だった軍国美談、その教材としての改廃の裏には、驚くべき事実が隠されていた。軍事教材の歴史をたどりつつ、民衆と戦争、軍部と教育のかかわりについて説き明す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 軍事教材の誕生
  • 2 軍国美談と民衆-軍事教材改廃の歴史(「強い教材」の精神的支柱
  • 美談の改作
  • 戦争の近代化と新しいヒロイズム)
  • 3 軍事教材の転生(変身する軍事教材
  • 「排日」教材の出現)
  • 4 軍事教材の戦後(政府・占領軍次元の処理
  • 民間における処理)
  • 各期国定軍事教材一覧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 軍国美談と教科書
著作者等 中内 敏夫
書名ヨミ グンコク ビダン ト キョウカショ
書名別名 Gunkoku bidan to kyokasho
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.8
ページ数 228p
大きさ 18cm
ISBN 4004300355
NCID BN02440462
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88060815
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想