日本の美術  第23

米沢嘉圃, 吉沢忠著

監修者: 亀井勝一郎, 高橋誠一郎, 田中一松

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 図版I / p1
  • 日本の文人画 / p13
  • 中国の文人と日本の文人
  • 日本南画のめばえ
  • 日本南画の先駆者 / p19
  • 祇園南海
  • 柳沢淇園
  • 彭城百川
  • 図版II / p29
  • 日本南画の大成 / p49
  • 池大雅
  • 与謝蕪村
  • 図版III / p69
  • 南画の伝播 / p67
  • 在野の上方の南画家たち
  • 浦上玉堂
  • 春琴
  • 岡田米山人
  • 半江
  • 木村蒹葭堂
  • 青木木米
  • 頼山陽とその周辺
  • 頼山陽
  • 田能村竹田
  • 高橋草坪
  • 貫名海屋
  • 南画の形式化
  • 図版IV / p89
  • 仕官する江戸南画家
  • 谷文晁
  • 渡辺崋山
  • 椿椿山
  • 立原杏所
  • 林十江
  • 南画の変質--名古屋の画家たち
  • 中林竹洞・山本梅逸
  • 文人画家のあり方--中国の場合 / p103
  • 文人画とその作者たち
  • 「文人画」の意味
  • 文人画家と職業画家
  • 創作と伝統との兼ね合い
  • 文人画家のタイプ
  • 体制下の士大夫画家
  • 処士・逸民画家の哀歓
  • 反骨の遺民画家
  • 現実逃避の姿勢
  • 詩書画の三位一体
  • 日本の文人画をめぐって / p119
  • 日本の文人画家の性格
  • 知識人の制作
  • 日本の「南宗」と「北宗」
  • 観念的な北宗否定
  • 反体制的な傾向
  • 南画の意義
  • 日本人の南宗画観
  • 「南宗画」と「南画」
  • 片寄った明清画
  • 明画の偏重
  • 非明画系清画の空白
  • 中国画輸入の実情
  • がらくたの明清画
  • 南画の芸術性
  • 宋元画と室町の水墨山水画
  • 南画にみる詩的表現の達成
  • 付図=文人画年表
  • 解説 / p149
  • 来日した中国画家
  • 中国の画譜と日本の南画
  • 付図=芥子園画伝
  • 図版挿図目録 / p168

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の美術
著作者等 吉沢 忠
米沢 嘉圃
書名ヨミ ニホン ノ ビジュツ
書名別名 文人画

Nihon no bijutsu
巻冊次 第23
出版元 平凡社
刊行年月 1966
ページ数 168p (図版共) 表
大きさ 24cm
NCID BN02436942
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54002494
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
文人画 吉沢忠, 米沢嘉圃
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想