結像光学入門 : 光学系取扱いの基礎

松居吉哉 著

"結像光学"とは、光学系による結像の問題と関係の深い幾何光学を中心に、波動光学的な取扱いをも取り入れた光学の領域を意味している。本書は光学関係の技術者に、光学系を取り扱う上での基本ないし常識になると思われる事柄を、一通り理解してもらうことを目的としてまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 結像光学系の基礎(1)近軸理論
  • 第3章 結像光学系の基礎(2)収差とその性質
  • 第4章 結像光学系の機能
  • 第5章 レーザー用光学系の基礎
  • 第6章 レーザー用光学系の機能とその応用
  • 第7章 光学系の活用に関する補足事項

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 結像光学入門 : 光学系取扱いの基礎
著作者等 松居 吉哉
書名ヨミ ケツゾウ コウガク ニュウモン
書名別名 Ketsuzo kogaku nyumon
出版元 啓学
刊行年月 1988.6
ページ数 143p
大きさ 22cm
ISBN 4766506014
NCID BN02429572
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88046475
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想