愛媛県の百年

島津豊幸 編著

愛媛県近現代百年は激動の時代であった。よほど確かな視座をもたなければ、その解析は不可能であろう。本書は、地域社会史論の観点から透徹した史眼をもって、この難題に敢然と立ち向かい、類書にない新生面を発掘実証している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近代の横顔 温和な風土にかこまれて
  • 1 近代の開幕
  • 2 近代社会の展開
  • 3 近代社会の成熟とその矛盾
  • 4 大正デモクラシーと民衆運動
  • 5 大恐慌の嵐のなかで
  • 6 十五年戦争の重圧
  • 7 民主主義社会の誕生
  • 8 保守王国の形成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 愛媛県の百年
著作者等 島津 豊幸
書名ヨミ エヒメケン ノ ヒャクネン
書名別名 Ehimeken no hyakunen
シリーズ名 県民100年史 38
出版元 山川出版社
刊行年月 1988.4
ページ数 342, 34p
大きさ 20cm
ISBN 4634273802
NCID BN02421901
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88038077
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想